スキンケア - 美肌・美顔をサポートするマイクロバブル

美肌・美顔をサポートするマイクロバブル

HOME > スキンケア

マイクロバブルのシャワーが汚れを落とす仕組み


マイクロバブルのシャワーは、石鹸やシャンプーを使わなくても
汚れを落とすことができます。


その脅威の洗浄力のヒミツを紹介します。


マイクロバブルの泡の大きさは、髪の毛の太さの10分の1。


この微細なマイクロバブルが、
肌の細かなシワや毛穴の汚れ、皮脂、老廃物などをキレイに落とします。

マイクロバブルの微細な泡はマイナスに帯電していますので、
プラスに帯電している人間の皮膚や汚れに付着すると同時に、

マイクロバブルが衝突する時の衝撃波やはじける効果により、
汚れを落とすことが実証されています。


マイクロバブルの洗浄力は、
マイナスに帯電した超微細な泡だからこそ、実現できること。

この画期的な洗浄力で、通常なかなか落としきれなかった
毛穴の奥の汚れや老廃物を簡単に落とすことができるのです。

shower.jpg

油性である化粧汚れや、油性マジック、クレヨンなども、
石鹸を使わずに落とすことができます。

慶応大学で行った、肌に塗った化粧品を落とす実験では、
水だけで見事にファンデーションや口紅、マスカラを落とすことができました。

特に落ちにくいマスカラが落ちたことは、関係者の皆さんが驚いたそうです。


石鹸など界面活性剤の力や、タオルやスポンジなどでこすって
汚れを落とすわけではないので、

肌に負担がかからないことがマイクロバブルの凄さです。


マイクロバブルのシャワーで、肌に負担をかけないスキンケアを始めませんか?


より詳しい情報を知りたい方はこちらをクリック

肌にやさしい石鹸はあるのでしょうか?


無添加石鹸や自然派石鹸、ベビーソープなど、

  「お肌にやさしい」ことをうたっている石鹸は多々あります。


またボディーソープなどより、石鹸の方が自然のもので、

  お肌にやさしい、と思われている人も多いようです。

sekken.jpg

そもそも本当に石鹸は肌にやさしいのでしょうか?


無添加石鹸の無添加とは、

  何が無添加なのでしょうか?


自然派石鹸とは、

  何が自然派なのでしょうか?


肌にいい成分がたくさん入っているものも色々あります。

  確かに、肌にいいと言われる成分が入っています。


しかし、


   答えは「×」なんです

石鹸は、油脂とアルカリを反応させて作ります。

石鹸は自然界にはない、人工的に作るものです。

石鹸は合成界面活性剤ですので、

  必ず肌にダメージを与えます


合成界面活性剤とは、
水と油のさかい目(界面)を、混ざりやすくするもので、

石鹸、シャンプー、リンス、化粧品などの乳液やクリームなどは、
この合成界面活性剤がないと作れません。


合成界面活性剤の働きは、
洗浄力だけでなく、強力な脱脂力も持っています。

従って石鹸やクレンジングを使うということは、

  汚れと一緒に肌の皮脂もうばうことになります。


石鹸やクレンジングは、
汚れだけでなく肌の潤いをうばっていくということです。


強いクレンジング剤や、2度洗いなどをするということは、
肌へのダメージがより大きくなるということです。


日本人は清潔好きですので、
手洗いだけでなく、洗顔の習慣も身についています。


洗顔=石鹸で洗う、と思っている人が多いようですが、
メイクをしていない時や、顔がベタついていない時は、

水かぬるま湯でサッと洗い流すだけで充分なんです。

石鹸を使わないと、気持ちが悪いと感じると思いますが、
全然問題ないんです。


メイクを落とす時のクレンジング剤も、できるだけ弱いものを使った方が、
肌へのダメージは少なくて済みます。


普段当たり前になっている洗顔方法を、ちょっと見直してみませんか?

senngan.jpg

石鹸やクレンジング剤を使わないでも汚れを落とす方法があります。

興味がある方はこちらをクリック

マイクロバブルが肌に負担をかけない理由


マイクロバブルの泡の大きさは、髪の毛の太さの10分の1。


この微細なマイクロバブルが、
肌の細かなシワや毛穴の汚れ、皮脂、老廃物などをキレイに落とします。

マイクロバブルはマイナスに帯電していますので、
プラスに帯電している人間の皮膚や汚れに付着すると同時に、

マイクロバブルが衝突する時の衝撃波やはじける効果により、
汚れを落とすことが実証されています。


マイクロバブルの洗浄力は、
マイナスに帯電した超微細な泡だからこそ、実現できること。

この画期的な洗浄力で、通常なかなか落としきれなかった
毛穴の奥の汚れや老廃物を簡単に落とすことができるのです。

 microbubble.jpg

油性である化粧汚れや、油性マジック、クレヨンなども、
石鹸を使わずに落とすことができます。

慶応大学で行った、肌に塗った化粧品を落とす実験では、
水だけで見事にファンデーションや口紅、マスカラを落とすことができました。

特に落ちにくいマスカラが落ちたことは、関係者の皆さんが驚いたそうです。


石鹸など界面活性剤の力や、タオルやスポンジなどでこすって
汚れを落とすわけではないので、

肌に負担がかからないことがマイクロバブルの凄さです。


マイクロバブルのシャワーで、肌に負担をかけないスキンケアを始めませんか?


より詳しい情報を知りたい方はこちらをクリック


マイクロバブルのシャワーが肌にいい理由


マイクロバブルの原料は、水と空気のみ!


なので、髪や肌に負担がかかりません。


毎日浴びるシャワーだからこそ、
髪や肌に負担がかからないスキンケアが大事です。


マイクロバブルは、シャンプーや石鹸を使わなくとも、
ある程度の汚れを短時間で洗浄します。


時間をかければ、シャンプーや石鹸を使わなくても済むくらい、
優れた洗浄力を発揮します。


従ってシャンプーや石鹸はいつもより少な目で済みます。


洗浄後の泡切れもよく、洗浄成分もしっかり洗い流します。

どんなに肌に優しいシャンプーや石鹸も、肌に残すことは良くありません。


特に肌が敏感な方や、アトピーの方、お子さんや赤ちゃんにも
安心してご使用になれます。

洗いあがりもお肌がしっとり、髪もいつもより柔らかいと感じる方が多いのも
マイクロバブルの特徴です。


さらに、マイクロバブルには血流促進効果があり、
毛細血管、抹消神経が刺激されるためお肌がつるつるになるだけでなく、
冷え性、肩こり、高血圧などが改善した方がかなりいらっしゃいます。


毎日浴びるシャワーだからこそ、
肌に負担がかからないスキンケアを始めませんか?


マイクロバブルのことをもっと知りたい方はこちらをクリック
microbubble.png

乾燥など肌トラブル予防は、皮脂膜を守る洗顔方法を見直すことから


30歳を過ぎたらスキンケア方法を見直しましょう。

見直すポイントは、まず洗顔方法から


肌質に関係なく、皮脂の分泌量や潤いのキープ力は加齢とともに低下します。
それなのに若い頃と同じスキンケアの方法を続けていると、
肌はどんどん乾燥し、肌トラブルの原因になっていきます。

kansou.jpg

天然のクリームである皮脂膜を守るスキンケアは、
まず洗顔方法から見直すことをおすすめします。


化粧水をつけると潤うように感じますが、
時間が経つと水分は蒸発していきます。

その時一緒に皮脂も奪うため、肌は乾燥します。
保湿には適度な油分が必要です。


肌の表面は、角質細胞がレンガのように積み重なり、
その隙間を潤い成分が埋めています。

健康な角質は、表面が皮脂膜におおわれているので潤いが保たれ、
内側の表皮細胞などを守ります。

しかし洗いすぎると、
肌表面の皮脂膜がなくなり潤いが失われ、角質細胞の間に隙間ができ、
バリア機能が低下し、肌は老化していきます。


冬用シャワーヘッド登場!

冷えにお困りの方、低体温でお困りの方は、
寝る前にマイクロバブル風呂で身体の芯まで温まって休まれると
ぐっすり眠れて、気持ちのいい朝を迎えられます。

興味がある方はこちらをクリック
button1.png

マイクロバブルは石鹸を使わないでも、汚れや皮脂をキレイに落とします


マイクロバブル リュクアは
石鹸を使わないでも、汚れや皮脂をキレイにします。

自宅のお風呂で
実際にマイクロバブル リュクアを使ってみました。

その使用前、使用後の写真がこれです。
ちなみに写真は、左の二の腕です。

使用前
マイクロバブル リュクアを使う前にとった写真がこれです。
ruquabefore.jpg
シャワーをさっと浴びた状態で、水がぺとっとなっているのがわかります。

使用後
石鹸を使わずマイクロバブル リュクアだけで
シャワーを浴びた後にとった写真がこれです。
ruquaafter.jpg
水が玉になっているのがわかります。

アップの写真です。
ruquaafter2.jpg

興味がある方はこちらをクリック
button1.png

皮膚細胞は30日で生まれ変わる。皮膚の一生、構造と役割


皮膚細胞の一生。皮膚細胞は約30日で生まれ変わります
そして年をとればとるほどその周期は長くなります。


皮膚はとても多くの役割を担っています。

たった1平方センチメートルの皮膚のなかには、
 12の皮脂腺

 10本の毛

 100の汗腺

 1メートルの血管

 2.5メートルの神経

 300万の細胞があります。

こうしてみると凄いですね!

身体の一番外側にある皮膚は、
中にある組織を保護し、人体に不可欠な体液を保つ一方で、
感染を防ぎ、ダメージに対してバリアを張ります。

暑い時には汗をかき、寒い時には血液の供給を抑えて体温を調節します。

腎臓を通れない老廃物を排出し、
栄養と酸素を神経、腺、髪、爪に行き渡らせます。

そして痛みのシグナルを脳に送ります。

hada.jpg

皮膚は図のように多重層構造になっています。

皮膚の基礎になるのは皮下組織というかたく多孔性の層で、
脂肪細胞や血管、神経線維が含まれています。

その上にあるのが真皮です。


真皮は、表皮の下の柔らかな層で、皮膚がきちんと働くよう助けています。

約3ミリの厚さの真皮には、
血管、神経終末、毛包、皮脂腺、汗腺、結合組織があります。

コラーゲンもこの部分にあります。
コラーゲンは皮膚にハリと活力、若さを与えます。
コラーゲンの生産機能は年齢とともに衰えます。


真皮と表皮のあいだにはさまれている基底層と呼ばれている部分で、
皮膚細胞が作られます。

新しく生まれた皮膚細胞は、
水分をたっぷりと含み、表面(外側)に向かって押し上げられていきます。

細胞が上昇するにつれて、細胞核が消失し、
ケラチンという堅いタンパク質がとってかわり、細胞を扁平に乾燥させます。


この周期が約30日で、年をとればとるほど周期は長くなります。


細胞が表皮の一番上の角質層に届くまでに、細胞は堅くうろこ状になって、
表皮に角質の保護膜を提供する状態になります。

角質層の20の層を通り抜けた細胞は、
皮膚の表面で脂肪の化合物でつながっている状態になります。


そこで洗顔剤などで破壊されるか、垢となって剥がれ落ちていきます。


基底層で生まれた皮膚細胞は、
約30日かけて一番外側の肌に上がってきてその一生を終ります。


これからの季節に、寒い日でもよく温まるシャワーのご紹介

筑波大学が開発した優れものシャワーヘッドは、
血行促進効果があり、シャワーなのに短時間で身体が温まり、
お風呂に入ったようなポカポカ感が持続します。

その効果は、わずか2年間で30万本売れた実績が証明しています。

詳しくはこちらをご覧ください
button1.png

水だけ洗顔の常識は美容の非常識?


水だけ洗顔で推奨しているスキンケアの常識は、
今までの一般的な美容の非常識といえます。

その一部を紹介します。

①洗顔に石鹸は使わない
 肌は洗えば洗うほど、表面を覆っている皮脂膜が奪われて
 潤いが逃げ出し、肌の防御機能が低下します。
 その結果外からの刺激に弱くなります。

 肌の汚れはさっと流すだけで落ちるので水洗いで十分。
 メイクの油性の汚れだけ、クレンジングで落とし、石鹸は使いません。


②ぬるま湯は肌を老けさせる
 ぬるま湯洗顔は老化の元で、水で洗うのがベスト。
 肌は密度の詰まった状態が理想ですが、温めると緩んでしまいます。

 また、お湯で洗うと肌表面の皮脂を落としてしまい潤いが失われ、
 肌トラブルを起こしやすい状態になるからです。


③洗いすぎると「悪い脂」が増える
 肌には多くの常在菌が存在し、バランスをとりながら
 「いい脂」を作り肌を守っています。

 洗い過ぎると、バランスが崩れ、
 ニキビの原因のアクネ菌や雑菌などが増加します。

 また皮脂が不足した肌は、肌を守るために必要以上に脂を分泌し、
 それが「悪い脂」となり、肌トラブルの原因になってしまいます。


筑波大学が開発した優れものシャワーヘッド、
マイクロバブル リュクアを使うと、
メイクの油性の汚れもクレンジングなしで落とすことができます。

詳しくはこちらをご覧ください
button1.png

ビタミンCでメラニンを抑え、美白や毛穴、シワ等のスキンケアにおすすめ


美白といえばビタミンCが定着しています。
ビタミンCにはメラニンの生産を抑える効果があります。

しかし、

ビタミンCを飲んでシミを薄くすることは実はあまり期待できません。

特にサプリメントのビタミンCは吸収が良くないので、
ほとんど尿から排泄されてしまいます。

ワカメが髪にいいと昔から言われていますが、
実際はたくさん食べても髪はツヤツヤにはならないのと同様に、
口から摂るのは効率があまりよくありません


そこで、

お肌に直接塗るタイプのビタミンCによるスキンケアがおすすめです。

ビタミンCを肌から吸収しやすい形に変えた、
ビタミンC誘導体が配合された化粧品がたくさん売られています。


ビタミンC誘導体は、リン酸型ビタミンCなどで、
抗酸化作用があり、老化防止やニキビの炎症を抑える効果や、

メラニンの生産を抑える美白効果肌のコラーゲンを強化し、
毛穴の開きやシワを予防する効果も期待できます。


ピーリングやビタミンC誘導体の化粧品は、
手軽にできるスキンケアとして、おすすめです。


すっかり秋めいてきました。昼間は暖かくても、朝晩冷えるようになってきました。
これからの季節に、寒い日でもよく温まるシャワーのご紹介

筑波大学が開発した優れものシャワーヘッドは、
血流促進効果があり、シャワーなのに短時間で身体が温まり
お風呂に入ったようなポカポカ感が持続します。

その効果は、わずか2年間で30万本売れた実績が証明しています。

興味がある方はこちらをご覧ください
button1.png

ピーリングで角質をとり、代謝を上げ、肌を若返らせるスキンケアを


ピーリングには、肌表面の角質をとり、肌の代謝が上がって、
下から新しい皮膚が生まれ、肌の若返り作用があります。

シミや小ジワ、毛穴の開き、たるみなど
トータルで効果を期待できるスキンケアです。

ピーリングは英語で、日本語に訳すと「皮をむく、剥ぐ」という意味があります。


ピーリングには色々な手法があり、

ザラザラしたもので肌をこすって角質を取るスクラブや、
アカすりのように肌をこすって角質をぼろぼろに落とす「ゴマージュ」というやり方も
一種のピーリングです。

ただこれらのやり方は肌へ刺激が強く、
やりすぎると逆に肌が黒ずんでしまうこともあるので、

一度にあまりやり過ぎないことと、頻繁にやらないよう注意しましょう。


ケミカルピーリングは、酸で古い角質を溶かして取ります。

肌をこすらないので、肌への負担が軽く、
回数を重ねても肌を傷めることがありません。

 酸は主にAHAという水溶性の酸を使って角質を取ります。

 AHAとは、アルファヒドロキシ酸の略で、
 グリコール酸、乳酸、クエン酸など、様々な酸が含まれます。
 フルーツ酸も美容の世界ではAHAと似たような意味で使われています。


ピーリングは、肌代謝を上げてメラニンを排泄してくれます。
続けていくと真皮のコラーゲンを増やす作用も生まれてきますので、
肌を若返らせるおすすめスキンケアと言えます。


すっかり秋めいてきました。昼間は暖かくても、朝晩冷えるようになってきました。

これからの季節に、寒い日でもよく温まるシャワーのご紹介

筑波大学が開発した優れものシャワーヘッドは、
血流促進効果があり、シャワーなのに短時間で身体が温まり
お風呂に入ったようなポカポカ感が持続します。

その効果は、わずか2年間で30万本売れた実績が証明しています。

興味がある方はこちらをご覧ください
button1.png


《 前 1 2 3 4 5 次 》


ご購入はこちら

PageTop



HOME - お子さんに - お客様の声 - その他 - よくある質問 - アンチエイジング - シミ・くすみ - シワ・たるみ - スキンケア - ストレス - ダイエット - デトックス - ペット - マイクロバブル情報 - 熱中症 - 節水 - 美肌 - 美髪 - 肌トラブル - 臭い対策 - 髪の毛の悩み - 健康 - 冷え性 - 女性の悩み - 女性ホルモン - 摩擦黒皮症 - 敏感肌 - 湯シャン - 乾燥

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。