皮膚細胞は30日で生まれ変わる。皮膚の一生、構造と役割 - 美肌・美顔をサポートするマイクロバブル

美肌・美顔をサポートするマイクロバブル

HOME > スキンケア > 皮膚細胞は30日で生まれ変わる。皮膚の一生、構造と役割

皮膚細胞は30日で生まれ変わる。皮膚の一生、構造と役割


皮膚細胞の一生。皮膚細胞は約30日で生まれ変わります
そして年をとればとるほどその周期は長くなります。


皮膚はとても多くの役割を担っています。

たった1平方センチメートルの皮膚のなかには、
 12の皮脂腺

 10本の毛

 100の汗腺

 1メートルの血管

 2.5メートルの神経

 300万の細胞があります。

こうしてみると凄いですね!

身体の一番外側にある皮膚は、
中にある組織を保護し、人体に不可欠な体液を保つ一方で、
感染を防ぎ、ダメージに対してバリアを張ります。

暑い時には汗をかき、寒い時には血液の供給を抑えて体温を調節します。

腎臓を通れない老廃物を排出し、
栄養と酸素を神経、腺、髪、爪に行き渡らせます。

そして痛みのシグナルを脳に送ります。

hada.jpg

皮膚は図のように多重層構造になっています。

皮膚の基礎になるのは皮下組織というかたく多孔性の層で、
脂肪細胞や血管、神経線維が含まれています。

その上にあるのが真皮です。


真皮は、表皮の下の柔らかな層で、皮膚がきちんと働くよう助けています。

約3ミリの厚さの真皮には、
血管、神経終末、毛包、皮脂腺、汗腺、結合組織があります。

コラーゲンもこの部分にあります。
コラーゲンは皮膚にハリと活力、若さを与えます。
コラーゲンの生産機能は年齢とともに衰えます。


真皮と表皮のあいだにはさまれている基底層と呼ばれている部分で、
皮膚細胞が作られます。

新しく生まれた皮膚細胞は、
水分をたっぷりと含み、表面(外側)に向かって押し上げられていきます。

細胞が上昇するにつれて、細胞核が消失し、
ケラチンという堅いタンパク質がとってかわり、細胞を扁平に乾燥させます。


この周期が約30日で、年をとればとるほど周期は長くなります。


細胞が表皮の一番上の角質層に届くまでに、細胞は堅くうろこ状になって、
表皮に角質の保護膜を提供する状態になります。

角質層の20の層を通り抜けた細胞は、
皮膚の表面で脂肪の化合物でつながっている状態になります。


そこで洗顔剤などで破壊されるか、垢となって剥がれ落ちていきます。


基底層で生まれた皮膚細胞は、
約30日かけて一番外側の肌に上がってきてその一生を終ります。


これからの季節に、寒い日でもよく温まるシャワーのご紹介

筑波大学が開発した優れものシャワーヘッドは、
血行促進効果があり、シャワーなのに短時間で身体が温まり、
お風呂に入ったようなポカポカ感が持続します。

その効果は、わずか2年間で30万本売れた実績が証明しています。

詳しくはこちらをご覧ください
button1.png


> スキンケア


ご購入はこちら

PageTop



HOME - お子さんに - お客様の声 - その他 - よくある質問 - アンチエイジング - シミ・くすみ - シワ・たるみ - スキンケア - ストレス - ダイエット - デトックス - ペット - マイクロバブル情報 - 熱中症 - 節水 - 美肌 - 美髪 - 肌トラブル - 臭い対策 - 髪の毛の悩み - 健康 - 冷え性 - 女性の悩み - 女性ホルモン - 摩擦黒皮症 - 敏感肌 - 湯シャン - 乾燥

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。